低血糖症とは

血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度は飲食によって多少の変動をしています。血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度がこの正常な変動幅を超えて低いほうに傾き、それによる症状が現れた時、低血糖症といいます。
血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度の正常な変動幅は、だいたい70〜120mgdlの間におさまっています。しかし、絶食時間の長さ、年齢、性や妊娠の有無などによって、正常な人でも通常示さないような低い血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度を示すことがあります。この場合、いらいら感が強いくらいの症状でおさまることが多いようです。
このように血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度が正常域を外れて低くなっても、症状が出にくいこともあります。これは低血糖症を起こす血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度を数字で表すことができないことにも関連しています。実際に血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度でいくつ以下から低血糖である、ということは断言できません。
原因は何か

外因性の原因として多いのは、糖尿病治療薬(インスリンや経口血糖降下薬)によるもの、アルコール摂取(とくに空腹時の)によるもの、抗不整脈薬などの薬剤によるものなどです。
内因性の原因として、反応性低血糖と呼ぶもの(胃切除後のダンピング症候群や胃下垂(いかすい)の人、またインスリン感受性の高い人)がありますが、飲食のとり方に注意することで予防することができます。
治療が必要な内因性低血糖の第1位はインスリノーマ(膵臓β(ベータ)細胞の腫瘍性増殖(しゅようせいぞうしょく))、第2に平滑筋肉腫(へいかつきんにくしゅ)や肝がんなどの腫瘍によるもの、第3はインスリン自己免疫症候群です。
インスリン自己免疫症候群とは、インスリン注射の治療をしたことがないのにもかかわらず自発性低血糖を起こし、血中に大量のヒトインスリンと、このインスリンの90%以上と結合した抗体が存在する疾患です。
低血糖の持続期間の約70%は3カ月以内で、約80%は自然に治ります。早朝の空腹時低血糖でよく発見されますが、食後3〜5時間後の低血糖(反応性低血糖)を起こすこともよくあります。