前立腺がんとは・治療についての注意点

前立腺がんとは
前立腺がんは、欧米では男性がん死亡例の約20%(肺がんに次いで第2位)を占める頻度の高いがんですが、日本では約4・8%(2004年神奈川県)と比較的頻度の少ないがんです。
日本人男性が1年間に前立腺がんと診断される人数は、人口10万人あたり28・6人(年齢調整罹患率、2004年神奈川県)で、胃がん、肺がん、結腸がんに次いで4番目、男性がん全体の12%を占めています。
年齢別では、45歳以下ではまれですが、50歳以後その頻度は増え、70代では10万人あたり約200人、80歳以上では300人以上になります。このように、前立腺がんは高齢者のがんであるといえます。
今後日本では、食事の欧米化、高齢人口の増加、腫瘍(しゅよう)マーカーであるPSA(前立腺特異抗原(ぜんりつせんとくいこうげん))検査の普及に伴い、前立腺がんの患者は急速に増加し、近い将来、胃がんを抜いて肺がん、大腸がんに次ぐ3番目に多いがんになると予想されています。

原因
前立腺がんの原因は遺伝子の異常と考えられており、加齢と男性ホルモンの存在が影響しますが、いまだ明確ではありません。そのため、効果的な予防法も明らかではありません。
欧米での報告によると、肉やミルクなど脂肪分が多く含まれている食事を多く摂取することにより、前立腺がんの発生が増えると考えられています。一方、穀類や豆類など繊維を多く含む食事はがんの発生を抑える効果があると考えられています。ハワイや米国東海岸在住の日系人は日本人と米国人の中間の発生率であり、食事の欧米化が原因とする考えの根拠のひとつになっています。喫煙との関係を指摘する報告もあります。
前立腺がんは、遺伝の要素が強いがんのひとつと考えられているため、前立腺がんと診断された親族がいる場合、早め(40歳〜)にPSA検査を受けることをすすめます。

症状
前立腺がんは前立腺の外腺の腺上皮から発生する率が高く、初期にはほとんど症状がありません。がんが大きくなって尿道が圧迫されると、尿が出にくい、尿の回数が多い、排尿後に尿が残った感じがする、夜間の尿の回数が多いなど、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)と同じ症状が現れます。
がんが尿道または膀胱に広がると、排尿の時の痛み、尿もれや肉眼でわかる血尿が認められ、さらに大きくなると尿が出なくなります(尿閉)。精嚢腺(せいのうせん)に広がると、精液が赤くなることがあります。さらにがんが進行すると、リンパ節や骨(脊椎(せきつい)や骨盤骨)に転移します。リンパ節に転移すると下肢のむくみ、骨に転移すると痛みや下半身麻痺(まひ)を起こすことがあります。

前立腺がん治療
放射線療法
下記の方法で、前立腺に放射線を当て、がん細胞を破壊し死滅させます。
(1) 外照射
身体の外から前立腺に向けて放射線を照射する
(2) 内照射(密封小線源療法)
放射線を発する物質を前立腺の中に埋め込んで内部から照射する
外照射は前立腺がんのほぼすべての病期において行われる治療法です。直腸や膀胱などの周辺臓器への影響があるため、排便や排尿の障害の副作用が出ることがありますが、強度変調放射線治療(IMRT)など技術の進歩とともに有効性や安全性は高まっています。週5日、1日1回照射して、6~8週間続ける必要があります。外来通院での対応も可能です。
内照射は小さな線源(放射線を出す小さな金属)を前立腺内に留置するため「小線源療法」ともいいます。現在一般的なのは、ヨウ素125を用い、永久的に前立腺に留置する方法です。身体への負担が少なく、早期前立腺がんに対して有効な治療法です。
放射線療法の副作用には、治療中~治療直後(早期)に現れるものと、治療後半年以降(晩期)に現れるものがあります。

早期の副作用は、排尿障害(頻尿、排尿痛、残尿感、排尿困難など)、排便障害などです。これらは時間が経つにつれて(通常1~3か月)おさまります。
晩期の副作用は、起こる時期や頻度に個人差がありますが、主な症状は血尿、血便(直腸出血)、勃起障害などです。
放射線療法は、完治を目指す目的とは別に、骨に転移した場合の痛みの緩和や延命目的で行われることもあります。

このページのトップへ戻る
ホルモン(内分泌)療法
前立腺がんは、男性ホルモンの影響を受けて増殖・進行するという性質を持っています。男性ホルモンは、95%が精巣(睾丸)から、5%が副腎から分泌されています。
ホルモン療法は、この男性ホルモンの分泌を下記のようなさまざまな方法で制御することによってがんの増殖・進行を抑えます。
(1) 薬物による去勢療法(詳細は7.薬物療法を参照)
薬で男性ホルモンの分泌を抑える方法
(2) 精巣摘出術(除睾術)
手術で精巣(睾丸)を除去する方法
男性ホルモンが低下することから、性欲の低下、勃起障害、女性の更年期障害のような症状(顔面のほてり、のぼせ、発汗、疲れやすいなど)、乳房の膨大、乳房痛などが副作用として起こることがあります。この治療法は、続けていくうちにがんが男性ホルモンの少ない環境でも増殖・進行するようになる(耐性化)という問題点があり、その際は薬をかえたり、治療法をかえたりして対処することになります。

 

出典: http://autobahnbodyworks.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です