機能性低血糖症と食事の関連情報

機能性低血糖症は脱力感、疲労感、手の震え、頭痛など身体的影響の他に不安感、恐怖感、集中力の低下など精神面にもさまざまな影響を及ぼす病気です。機能性低血糖は食事と深い関係があります。食事の状況は機能性低血糖症の原因、治療、予防などに影響があります。本文では、機能性低血糖症と食事の関連情報についてご紹介します。

食事を抜くことが多かったり、適切な栄養素が不足すること、食事から食事までに時間が長く空いてしまうことなどの不適切な食生活も低血糖症の原因となります。糖質の過剰摂取は、機能性低血糖症の大きな原因と考えられています。カフェイン・タバコ・アルコールの過剰摂取とビタミン・ミネラルの摂取不足などが機能性低血糖の原因です。

機能性低血糖症の改善を得るためには、適切な食べ物の摂取が重要なのです。糖尿病治療の影響による低血糖の場合は、糖質の摂取や、ブドウ糖・グルカゴンの注射などを行います。しかし、食事が原因となって起こる機能性低血糖症の場合は、食生活を見直して、「糖質制限」(糖質の摂取を控えること)が1番大切になってきます。

機能性低血糖症の予防にも食事と関係があります。まずはGI値の低い食品を食べることです。肉、魚介類、卵、大豆製品、乳製品、野菜、海藻、きのこ、果物、ナッツ類などがGI値の低い食品ですら、心がけましょう。または食べる順番に気を付けることです。副菜(野菜類)→主菜(肉・魚・卵・大豆製品などのタンパク質)→少量の主食(炭水化物)で食事を楽しみましょう。血糖値の急な上昇を抑えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です