機能性低血糖症の症状の詳細情報

低血糖症は、糖尿病患者にとっての一時的な状態、つまり、インスリンが効きすぎて生じてしまう症状と考えられていました。しかし、今、最も問題になっているのは「食原性」の低血糖症です。つまり、食べ方や食生活、糖質の過剰摂取などによって低血糖症になるのです。ですから、これを機能性低血糖症と呼びます。機能性低血糖症はどんな症状がありますか?本文では、機能性低血糖症の症状についてご紹介します。

身体的な症状
身体的には極度の疲労や頭痛、めまいが出やすいのが特徴です。また、発汗や震え、心臓の動悸なども起こりやすくなります。ほかには目のかすみや筋肉の引きつけ・筋肉痛などがあります。機能性低血糖症の人は、普段から消化不良を感じたり甘いものを異常に欲しがったりします。

精神的な症状
内面的な症状としては精神が安定しないためうつや不眠・不安・いらいら・集中力の低下などの状態が続くのが特徴です。また、睡魔が突然襲ってきて精神的に安定しない状態が続きます。自分で心の病と判断し、精神科に受診してしまい、間違った診断をされ、誤った薬を処方されている人も増えているようです。

特徴的な症状
大変疲れやすく、うつ傾向や精神疾患を起こしやすいそうです。低血糖時に動悸、頭痛、震えなどが起こりやすいとも言われ、ストレスに弱いと共に、ストレスへの対応が上手くできずそれによって、ますます機能性低血糖症の症状が悪化するなどの悪循環になる人も多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です